スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦心の起訴も、終着点は「はるか遠く」 JR西強制起訴(産経新聞)

 JR史上最悪の惨事となった福知山線脱線事故から間もなく5年。業務上過失致死傷罪の公訴時効が成立する間際に、JR西日本の歴代3社長が指定弁護士によって強制起訴された。

 3社長の起訴を検察審査会に申し立てる際、遺族は事故の「原因解明」と「再発防止」を願い、市民11人からなる審査会はそれを支持し、2度にわたり起訴相当の議決を出した。“民意”の後押しで今後行われる3社長の公判は、被告が有罪か無罪かだけでなく、事故の背景となったJR西の企業風土や体質を問う場にもなり得る。

 2度目の起訴議決を受けて指定弁護士が選任されてから、時効まではほぼ1カ月。時間の余裕はなかった。当初3人だったメンバーは1人増員されたが、3社長への事情聴取は行えなかった。補充捜査の必要性を検討する以前に、地検から引き継がれたファイル約200冊に上る捜査記録を、十分に精査するいとますらなかったのが実情ではないか。

 検審法は指定弁護士の職務について「公訴を提起し、その公訴の維持をするため検察官の職務を行う」と規定している。公判で3社長はいずれも起訴内容を否認するとみられ、指定弁護士が慣れない検察官役として努める公判維持には、多くの困難が待ち受けていることが予想される。“民意”の付託を受けた指定弁護士が目指す「終着駅」は、はるか遠くにあると言わざるを得ない。 

(塩塚夢)

【関連記事】
目前でJR脱線、犠牲106人…救助奮闘の男性、語り継ぐ決意
JR西の歴代3社長を強制起訴 福知山線脱線106人死亡事故
「現場重視」へ内からの動き JR福知山線脱線事故
《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演

<はやぶさ>6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え(毎日新聞)
日航再建で16日に視察=衆院国交委、情報開示も要望(時事通信)
「悲しみ癒えず」「事件解決を」=島根女子大生遺棄、半年で両親(時事通信)
キャンベル米次官補が27、28日に来日 普天間問題を協議(産経新聞)
三笠宮妃百合子さま 愛育班員全国大会に(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターじょうじはしづめ

Author:ミスターじょうじはしづめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。